光ケーブルモニタリングシステム

006

インテリジェント光ネットワークメンテナンスソリューション

インターネットによるトラフィック量の急激な増加により、長距離、都市間から加入者まで、 光ネットワークの拡充が急速に進んでいます。これらの光ネットワークは高度な技術で構成されており 非常に複雑になってきています。 これらの光ネットワークを持つオペレーターは、安全なネットワークの確保に加え、運用コストの削減、 復旧時間の短縮が大きな課題となっています。 Accelink社のインテリジェント光ネットワークメンテナンスソリューションは、 これらの課題を解決し、光ネットワークの可用性、信頼性、保守性を向上させます。 インテリジェント光ネットワークメンテナンスソリューションの構成は、 光回線切替保護装置(OLP)や自動光ケーブルモニタリング(OLM)等のハードウエアと地図情報システム(GIS)、 リソースマネージメントやネットワークマネージメント等のソフトウエアから構成されます。

【特長】
  • 光ケーブルの障害箇所を地図情報で素早く・正確に表示
  • 光ケーブルの劣化をオンタイムで把握
  • 光ケーブルネットワークのリソース及び回線の検査を量的、包括的にマネージメント

solution 04 p01

光ケーブルモニタリングシステム

OTDR、光スイッチ等のハードウエアと上位レイヤのネットワークマネージメントソフトウエアによって構成される光ケーブル監視システムで、リアルタイムで光ケーブル回線の伝送パフォーマンスの変化をモニタ出来ます。 また障害箇所を迅速かつ正確に特定するだけでなく、自動的に障害の可能性を通知します。これらの機能によって、光ケーブル回線のダウンタイムやメンテナンスコストを大幅に削減できます。 また、本システムによって、光ケーブル回線のリソース情報を電子化する事によって、システムリソースや ネットワーク構築の正確なデータを提供しますので、ネットワークの可用性を向上させることができます。

solution 04 p02

solution 04 p03

 

CATV向け PON回線モニタリングシステム

Accelink社は、CATVオペレーター様向けにCATV+PON FTTHソリューションを提供しております。 そのプロダクトラインの一つとして、PON回線モニタリングシステムも提供させて頂いています。 PON-OTDR技術を用いて、自動光ケーブルモニタリング(OLM)でPON回線それぞれの光ケーブルをモニタし、 光ケーブルの劣化をタイムリーに検知し、障害を未然に防止します。 また、システムリソースやネットワーク構築の正確なデータを提供しますので、 ネットワークの可用性を向上させることができます。

solution 04 p05

solution 04 p06